美女エロ動画

エックスビデオ・美女エロ動画ハウス《無料動画》
エックスビデオ・美女エロ動画ハウス《無料動画》
■http://ginginboys.blog.fc2.com/


エロ動画集
エロ動画集
■http://ero-an.com/


無料エロ動画AV-Dodo動画
無料エロ動画AV-Dodo動画
■http://dodo.jp.net/

カテゴリー

更新情報

路上に酔っ払いのお姉さんがセックスさせてくれた

サークルの飲み会で帰りが遅くなり、何とか終電にはギリギリ間に合いました。
自宅の最寄り駅に着いたのは、夜の11時半過ぎで、ここから自転車で15分かけて家に帰ります。
ここまでは、よくあることなのですが、この日は違いました。
家に帰る途中、路上に誰かが寝転がっていたのです。
可愛い子とセックス
私はすぐに自転車を止めて、その人のところへ駆け寄りました。
路上に寝転がっていたのは、20代ぐらいの若い女性で、完全に酔っ払っていました。
意識はしっかりしているものの、相当酔っ払っているので、まともに歩くことすらできないような状況でした。
「大丈夫ですか?お家はどの辺ですか?」と聞いても、「うぅ〜、うぅ〜」と言うだけで、どうしようもありませんでした。
近くに交番はありませんし、警察を呼ぼうにも、携帯のバッテリーも切れていたため、仕方なく私は、すぐそばの公園のベンチまで彼女を運びました。
幸いにも季節は夏前だったので、寒さなどはなかったものの、いつまでもこうしているわけにもいきません。
少し酔いが覚めたみたいで、女性に改めて「大丈夫ですか?」と声をかけました。
すると女性は、「大サークルの飲み会で帰りが遅くなり、何とか終電にはギリギリ間に合いました。」
自宅の最寄り駅に着いたのは、夜の11時半過ぎで、ここから自転車で15分かけて家に帰ります。
ここまでは、よくあることなのですが、この日は違いました。
家に帰る途中、路上に誰かが寝転がっていたのです。
私はすぐに自転車を止めて、その人のところへ駆け寄りました。
路上に寝転がっていたのは、20代ぐらいの若い女性で、完全に酔っ払っていました。
意識はしっかりしているものの、相当酔っ払っているので、まともに歩くことすらできないような状況でした。
「大丈夫ですか?お家はどの辺ですか?」と聞いても、「うぅ〜、うぅ〜」と言うだけで、どうしようもありませんでした。
近くに交番はありませんし、警察を呼ぼうにも、携帯のバッテリーも切れていたため、仕方なく私は、すぐそばの公園のベンチまで彼女を運びました。
幸いにも季節は夏前だったので、寒さなどはなかったものの、いつまでもこうしているわけにもいきません。
少し酔いが覚めたみたいで、女性に改めて「大丈夫ですか?」と声をかけました。
すると女性は、「大丈夫だよ〜」と言いつつも、私の方にもたれてきて、ついには寝ちゃいました。
とうとう寝てしまった女性ですが、女性をよく見てみると、そこそこ可愛くて、胸も大きかったので、いつも間にか私のアソコは勃起してしまいました。
嫌らしいことを想像しつつも、「駄目だ駄目だ」と自分に言い聞かせ、必死に下心を抑えました。
しかし、とうとう我慢できなくなった私は、とうとう彼女の唇にキスをしてしまったのです。
これに火がついた私は、今度はおっぱいを揉み始めました。
さらには、スカートの中に手を入れて、パンティーも触りました。そのまま我慢できずにセックスをしてしまいました。その様子を動画に撮ったので後でこの動画を見てオナニーもできるって寸法です。
さらに火がつきかけたところで、見回り中のお巡りさんがやってきたので、慌ててスカートの中に入れていた手を、さっと戻しました。
大人の玩具でセックス
お巡りさんに状況を説明し、あとは警察の方に任せることにし、私は家へと帰りました。
もう少しで、女性のアソコを拝むことができたのに、ちょっぴり残念な気持ちではありますが、でもあんな可愛い女性と、セックスができたことが最高だったので、まあ良しとしますか。
危うくお巡りさんにバレてしまうところでしたが。
その後その女性は、寝転がっていた道路から、わずか200メートルほど離れていたところに住んでいたことが分かりました。
もちろん女性は、私セックスをしていたなんて、全く記憶の中にはありませんでした。夫だよ〜」と言いつつも、私の方にもたれてきて、ついには寝ちゃいました。
とうとう寝てしまった女性ですが、女性をよく見てみると、そこそこ可愛くて、胸も大きかったので、いつも間にか私のアソコは勃起してしまいました。
嫌らしいことを想像しつつも、「駄目だ駄目だ」と自分に言い聞かせ、必死に下心を抑えました。
しかし、とうとう我慢できなくなった私は、とうとう彼女の唇にキスをしてしまったのです。
これに火がついた私は、今度はおっぱいを揉み始めました。
さらには、スカートの中に手を入れて、パンティーも触りました。
さらに火がつきかけたところで、見回り中のお巡りさんがやってきたので、慌ててスカートの中に入れていた手を、さっと戻しました。
お巡りさんに状況を説明し、あとは警察の方に任せることにし、私は家へと帰りました。
もう少しで、女性のアソコを拝むことができたのに、ちょっぴり残念な気持ちではありますが、でもあんな可愛い女性と、色々とエッチなことができたので、まあ良しとしますか。
危うくお巡りさんにバレてしまうところでしたが。
その後その女性は、寝転がっていた道路から、わずか200メートルほど離れていたところに住んでいたことが分かりました。
もちろん女性は、私がエッチなことをしていたなんて、全く記憶の中にはありませんでした。